新しい野球の学校【ニュース】

あたらしいやきゅうのがっこう

  • トップ
  • 写真動画
  • 口コミ
  • ニュース
  • 問合せ

ニュースリスト 41件

【 42、一番訴えたいこと】(2021-11-22 09:20:59)




一番訴えたいことは、指導者が絶対的、独裁的になってて、選手は「はい」「はい」しか言うことができない状況を変えたいということである。指導者と選手にはかなりの距離、壁がある。選手の機械化、同一化、奴隷化を変えたい。指導者の職権乱用の指導に疑問を投げかけたい。

 指導者があれやれこれやれ、あれだめこれだめなど、指導者から選手の強制ではなく、選手一人一人の自立、選手一人一人が創意工夫して、選手が率先して動く環境を望む。

 「バカヤロー」「声だせ」などの罵声、選手が萎縮したような雰囲気とは無縁な環境を望む。選手が目を輝かせ、一人一人の個性を十分にグランドで発揮して、活き活きとプレーし

【41、指導者と反りが合わない】(2021-11-22 09:20:48)




野球部を辞めた選手や、実力があるのに試合に出られない選手が多くいる。

 なぜこうなるのか?これらの一番の理由は、はっきりと統計をとったわけではないが、自分の経験と感覚から言うと、指導者と反りが合わない、指導者に嫌われることである。

 なぜ、反りが合わない、嫌われるかと言うと、色々と細かい理由が混在して、一概には言えないし、良い悪いも言えない。

 しかし、指導者と反りが合わない、嫌われたりしただけで、野球部を辞めてしまったり、その後、学校も野球も辞めてしまったり、試合に出られないのは真に残念である。選手本人に責任がある場合はしょうがないが、指導者のせいで、選手と反りが

【40、ストレートの素晴らしい投手を目指してほしい】(2021-11-22 09:20:39)




高校野球のピッチャーを見ていると、変化球ばかり投げていることが多い。7、8割が変化球ということもある。素晴らしいストレートを投げるピッチャーが、そういう感じならまだ良い。

 しかし、ストレートの球速が130キロ前後のピッチャーに変化球多投が多い。ストレートがいまいちなので、変化球を多投したり、質を高めたりして、変化球に頼るのはわかる。

 しかし、私は思う。もっとストレートを優先的に磨く努力をしてほしいと。ストレートで三振がとれるような、ノビがあって、キレが良いボールが投げられるように。

 プロに行って、活躍する投手は、みんなストレートのボールが素晴らしい。惚れ惚れす

【39、バッターボックスでキャッチャーの構えを見るバッター】(2021-11-22 09:20:27)




高校野球を見ると、バッターボックスでバッターが、キャッチャーの構えを見ている選手をよく見る。キャッチャーが内角に構えたか、外角に構えたかを盗み見しているのである。

 セカンドランナーがキャッチャーのサインを盗み見る。ピッチャーのボールの握りを盗み見とる。相手監督のサインを盗み見る。相手選手のクセを盗み見とる。グランドの中では色々、サインなどを盗み見ることは可能であり、しているチームもいるかもしれない。自分はやってはいけないとは思わない。戦いなら勝つために、色々な作戦、方法はあってもよい。

 しかし、バッターがキャッチャーの構えを見るなんて、人間的にどうだろうか? 超高校級

【38、指導者よ】(2021-11-22 09:20:17)




高校野球はバント練習毎日1時間を前に書いたが、このような、細かい作戦の練習に時間を多く割く。練習試合、公式試合でも、細かい作戦を多くする。できないと、怒ったり、学校に帰って練習、次の日も練習。このこと以外のことも含めて、選手はただの奴隷のようにみえるチームもある。選手をある意味洗脳している。指導者は独裁者と言っても過言ではない。指導者が明らかに間違っていることをしたり、言っても、選手は「はい」「はい」しか言わない。

 逆らったり、言うことを聞かなければ、試合には出さしてくれない。練習も悪い待遇をくらう。指導者の職権乱用があまりに多い。

 指導者は選手の将来がかかっていること

【37、バント練習毎日1時間】(2021-11-22 09:20:06)




毎日、1日1時間バント練習をするチームがあるらしい。また、他に機動力を重視して、走塁の練習に時間をかなり割くチームがある。他にもこのような、基本となる、投げたり、打ったりすることより、細かいことに練習に時間をかなり割くチームが多い。

 選手一人ひとりが、望んで、やりたくてやっているなら良いが、果たしてどうだろうか?

 細かい練習をやることにより、選手の投げたり、打ったりする基本のレベルアップが犠牲になってしまう。いくらバントがうまくても、プロにはいけない。

 選手は、プロのスカウトにアピールできないまま終わってしまう。バントした代わりに、打ったとしたらホームランを打っ

【36、転校をしやすく】(2021-11-22 09:19:54)




1年に野球部を辞める選手はどれくらいいるだろう?
辞めたくても、辞めた後を考えると気まずく、辞められず、3年間無駄な時間を過ごしている選手はどれくらいいるだろう?

 スポーツ推薦、特待で野球部に入って野球部を辞めた選手は、学校も辞めてしまう比率が高い。

 野球部を辞める理由として、練習が厳しい。指導者と反りが合わない。怪我をして他の部員からサボりなど言われ、省かれる。

 野球をやるため、甲子園に行くため、プロになりたいためなど、野球一筋で、高校の野球部にはいる選手が多い。それを上で述べたような、一時的または、不運な理由で、野球部を辞めざるおえなくて、辞めてしまうのは

【35、指導者のせい?】(2021-11-22 09:19:37)




良い指導者がいないから、うちのチームは勝てない。指導者のせい、良い指導者を求める選手が多い。

 確かに、変な指導者ならそのこともありえるだろう。しかし、指導者のせいはやめよう。

 選手一人一人が自立して、自分で考え、創意工夫、実行、反省、フィードバックなどして、自分の技術をレベルアップしていけば良いことだ。一人一人がチームのために、自分の役割を把握し実行する。

 そうすれば良いだけだ。選手がそれらをすることを妨げる指導者は良くない。
逆にこのことを推奨する指導者は本当に良い指導者だ。

 選手達よ、他の選手に頼らず、指導者に頼らず、自立しよう!




【34、負けている方に有利な判定】(2021-11-22 09:19:27)




高校野球の審判は明らかに、負けている方に有利な判定をする。
負けているチームが守りの時は、ストライクゾーンが広い、アウトセーフのきわどいタイミングの時はアウトである。 逆に負けているチームが攻撃の時は、ストライクゾーンが狭い、アウトセーフのきわどいタイミングの時はセーフである。 負けているチームが追い上げて、試合を面白くさせる。

審判は公正公平に、感情を入れずに、その時のプレーのみを判定してほしい。



【33、監督、選手の審判への抗議】(2021-11-22 09:19:19)




なぜ、高校野球では、監督が直接、審判に抗議をしてはいけないのだろうか?選手も同じである。また、なぜタイムをとってピッチャーやバッターのところに指導者が行くこともダメなのか。選手を通して、説明を求めるだけが可能である。
 抗議できなければ、審判の独壇場である。もし、明らかに誤審があったらどうなるのだろう?黙っておくだけなのか?1個の審判の判定で、選手の将来の運命が変わるかもしれない。

 一方に、独占状態があるのは、よろしくないことである。

 一方に、抗議する権利を奪うのはよろしくない状態である。




















【32、審判の誤審】(2021-11-22 09:19:09)




 高校野球のテレビ中継で、審判の判定で、明らかに誤審の時は、スローモーションで前のプレーを流さない。おそらく、テレビ中継してる人も誤審だとわかってるのだろう。スローで流すと、審判の誤審だということがはっきりしてしまうので流さないのだろう。実況、解説者も、誤審だとわかると、そのプレーについて深く突っ込まない。教育上の野球なので、そういうことは問題にしないというのが前提にもあると思うが。

 テレビ中継している人と、実況、解説のうまい’’かわし’’で、何事もなかったかのように、次のプレーにいく。

 審判の誤審は誤審である。その判定に対して、追及したり、審判に制裁を加える必要はない

【31、高校野球の早すぎる試合時間の問題 】(2021-11-22 09:19:00)




高校野球の試合時間は短すぎる。大体2時間で終わる。長くなって、2時間30分で終わる。

 何故か?審判が攻守交代を急がしたり、ボール回しをなしにしたり、タイムを取っても急がしたり、何かと審判がせかす。

 自分は高校野球の試合を見ていて残念だ。審判が選手をせかすので、選手は機械のように動いてる感じがする。流れ作業のように動いている。

 野球は間が大事である。サイン交換、一球一球にハラハラドキドキする。一つのプレーの後の余韻などなど。プレーとプレーの間が大事だ。試合を観てる方もプレーとプレーの間に色々考えたり、選手を見たりする。
 選手や監督、コーチも、プレーとプレーの間

【30、高校野球の大会の短すぎる日程‏ 】(2021-11-22 09:18:49)




高校野球の大会は日程が短すぎる。1回戦、2回戦など始めの方は試合をしてから、次の試合まで十分な日数がある。しかし、勝ち進んでいって、準々決勝、準決勝、決勝などは、連戦になったり、1日しか間が空かない。ピッチャーが1人しかいないチームはエースが連投連投になる。

 これはピッチャーにとって酷である。緊張したり、アドレナリンが出ているので、その大会は全部投げられるかもしれない、しかし、実際身体はかなり酷使されている。その選手がその大会だけで、もう野球をしないということなら良いかもしれないが、多くは、将来プロ野球を目指している。プロ注目になった選手で、怪我を抱えた選手や、プロに入ってか

【29、保護者の当番制】(2021-11-22 09:18:40)




土日祝日など授業が休みで、1日練習があるとき、選手の親は、全員ではないが、当番制で監督、コーチのお世話役で来るようになっている。朝、監督、コーチにコーヒーを出して、休憩時にお茶などの飲み物を上げて、椅子、机も用意する。お昼は弁当を手配する。当番で来た保護者は1日中いなければいけない。自発的にやりたくてやりたいなら、全然構わない。しかし、やりたくないなら、苦痛である。

後援会、保護者の集まりで決めているかもしれないが、指導者が、いりません、必要ありませんと言えば、それまでだ。飲み物の差し入れ、弁当の手配ぐらい、自分でできる。そのために、保護者のせっかくの休みを潰してはかわいそうで

【28、審判のストライクゾーンが広すぎ】(2021-11-22 09:18:26)




高校野球の審判はストライクゾーンが広すぎる。特に予選の始まったばかりの1回戦、2回戦とかは広すぎる。狭く、厳しくすると、試合が終わらなかったり、締まらなくなるからというのはわかる。しかし、自分にはただ試合を早く終わらせたいため、試合時間を短縮したいために思える。選手のためではない。

 これでは、試合が流れ作業になり、前にも行ったように、観客が間を楽しめないし、ドラマ、感動、名試合も生まれにくい。また、ストライクゾーンが広いと、高校野球の選手のレベルも上がらない。下がってしまう。









【27、監督と保護者の飲み会‏ 】(2021-11-22 09:18:13)




監督、コーチと、保護者の飲み会がある。この飲み会で、監督、コーチはある意味、保護者の接待を受ける。監督、コーチは絶対だ。保護者は、飲みの場を用意したり、飲食の注文を取ったり、監督、コーチのために動く。同等ではない。

もちろん、普段、野球の指導をして下さっている監督、コーチなので、感謝の気持ちをこめてというのもある。しかし、保護者は、自分の子供を試合に出してほしい。自分の子供に一桁の背番号をもらいたい。そのために、保護者はある意味ゴマをする。みんながみんなではないと思うが、少なからずそういう気持ちはあると思う。全員がこうではないと思うが、意識してなくても、監督と保護者には不平等な関

【26、精神的な体罰】(2021-11-22 09:18:04)




体罰は良くない。体罰とは、ビンタしたり、殴ったり、蹴ったり、ケツバットしたり、身体に与えることで、暴行、暴力である。もちろん、体罰は処分される。それでは、精神的に与える体罰はどうか。処分されない。「バカヤロー」「死ね」「くず」など色々ある。言葉だけではなく、練習に参加させない、試合に出させないなど、干すこともある。無視もある。他に指導者という権力を乱用して、威張りちらして、選手を奴隷のように扱う。選手に一切の発言、自主的行動を与えない、頭を五厘にする、帰りコンビニによってはいけない、休みを作らない、1日ずっと走らしておく、などもある。これらは、成長期の選手の脳、精神的に良くない。(大人

【25、怪我は指導者のせいである】(2021-11-22 09:17:55)




怪我で潰れていったり、将来を断念する選手が多い。怪我は誰のせいか?もちろん、色々な理由があって、誰の責任とは言えない。しかし、指導者の責任の割合は少なくない。その例を何個か述べよう。練習のし過ぎ。選手が痛かったり、違和感、怪我の一歩手前の時に、「休みます」と選手が言える環境、雰囲気がない。そのような理由で休んだら、練習や試合で干される。根性がない、嘘だ、サボってる、など思われてる。自己管理不足とも思われる。痛いのは、我慢しろ、精神的に弱いからだとも思われる。また、怪我したところを、筋力が弱いと思い、筋トレして筋肉つけろと、単純な考えをする指導者もいる。自分の野球技術が絶対だと思い教え込

【24、指導者は絶対ではない‏ 】(2021-11-22 09:17:45)




指導者の采配で負けることがよくある。スクイズを出すタイミングの失敗。盗塁、エンドランの出すタイミングの失敗。ピッチャーを代えるタイミングを間違える。これらのせいで試合に負けた時、指導者は自分の采配のせいで負けたと、選手達に謝るだろうか?自分は謝ったところは見たことがない。

 他に表面に見えにくく、指導者のせいのものもある。準備しろと言ってないで、急にピッチャー交代、代打、代走を出す。そして、代わった選手が活躍できなかったり、凡ミスしたら、怒る。準備してないからミスして当然である。これは指導者のせいである。ミスした選手のせいではない。

 また、練習でしてないことを、試合で選手

【23、甲子園が全てではない 】(2021-11-22 09:17:36)




指導者は選手が高校を卒業してからのことも考えてほしい。むしろ、高校を卒業して、大学、社会人、プロ野球に行くことの方が大事である。

高校時代に連投させ過ぎたり、練習させ過ぎたりして、怪我をさせて、高校で野球が終わったり、プロへ入っても、高校野球時代の疲労が原因ですぐ怪我したりする。

 チームに良いピッチャーが一人だけいると、高校野球地方予選で決勝まで、一人で連投連投させる。甲子園に行くために、エースを連投させる。もっと前もって、ピッチャーを他に2、3人用意させておくべきである。チーム事情もあると思うが。

指導者、チームは甲子園に行きたいのはわかるが、甲子園が全てでは

【22、スクイズ、バント、チームプレーの作戦が多い‏ 】(2021-11-22 09:17:25)




高校野球は送りバント、エンドラン、スクイズなど、細かい作戦が多すぎる。
もちろん、チームが勝つためには必要なことである。しかし、練習や試合で過度に必要以上に多い。

選手達は高校野球で終わりではない。プロを目指している選手が多い。そのために、打ったり、投げたり、走ったりなど、基本的な技術を高める方が最優先である。バント、スクイズ、エンドランなど細かい練習のせいで、打ったり、投げたり走ったりの基本的な技術の練習が犠牲になる。

 試合でも、選手はプロへの絶好のアピールの場である。それをバント、スクイズなどで、アピールの機会が減る。バントが100%できても、プロにはいけない。

【21、指導者と選手の壁②】(2021-11-22 09:17:14)




アメリカでは、選手が指導者のことをファーストネームで呼ぶ。ざっくばらんに世間話もする。一見友達みたいだ。

 しかし、野球では指導者の言うことは絶対だし、選手は指導者に忠誠・敬意を示す。そして、結果を出したものが、試合に出て、出せないものは、レギュラーから外れる。普段の指導者と選手が会話などしたりして、仲が良くなったからといって、レギュラーにすることはない。普段の指導者と選手の仲と、野球は全く別で、私情を一切はさまない。

 日本はどうか、普段の生活、会話などで、指導者と選手が仲が良いと、レギュラーになる選手もいる。それよりも、レギュラークラスの選手は、指導者が期待をかけたり、

【20、試合形式の練習が少ない】(2021-11-22 09:16:29)




日本の高校野球は実践の試合形式の練習が少ない。一個一個の練習が個別に分けられている。

 アメリカなら、個別に分けられた練習の他に、カウントをつけて、ピッチャーが本気で投げてバッターが本気で打つシート打撃や2チームに別れて、得点を争わない、紅白戦みたいな練習をひたすらやる。生きたボールを打つ、投げる、捕るなどの練習が多い。実践の緊張感を味わいながらする練習が多い。監督、コーチは、それらの練習で結果を残す選手を使う。実にわかりやすい。一球一球が真剣で大事で、重みがある。しかし、日本の高校野球は、試合形式の練習が少ないので、監督、コーチの評価は、個別の練習になる。そうなると、評価が曖昧

【19、体罰指導者】(2021-11-22 09:16:20)




体罰をした高校野球の監督、コーチの処分が甘すぎる。高校野球の監督、コーチが体罰をした場合、謹慎になる。謹慎ということは、また戻ってくるということだ。これはおかしい。クビである。体罰をする指導者は、教育者といえるだろうか?体罰と言うから駄目だ。これは暴行、傷害だ。警察沙汰である。謹慎を受けた指導者も、よく、また戻ってこられると思う。また戻らないような指導者は、体罰はしないが。

 体罰をした指導者は、教育からは永久追放である。教育を受ける生徒達が、問題ないとすれば、体罰をしてもいいと思うし、教育を続けても良いとは思う。

 体罰をする指導者に聞いてみるがいい。あなたの指導をあなた

【18、責任はしっかりととるべきである】(2021-11-22 09:16:09)




体罰など、不祥事を高校野球の監督、コーチが起こしたとする。記者会見や報道、新聞、テレビなどメディアに出てくるのは、理事長、校長などだ。問題を起こした指導者は一切でてこない。出てきて謝ってすむ問題ではないが。

出てきて、きっちりと自分がしたことに対して、発表なり、質問に答えるべきである。これが責任である。出てこないで、謹慎なり、処罰を受けるだけだ。受ける前に、不祥事を起こしたら、自分から責任を取って辞めるべきである。

一時の感情でやってしまったり、本当に反省していたり、また指導をしたいのなら、表に出て、ちゃんと説明したり、謝るべきである。それもしないで、謹慎、処分がすんだらま

【17、生徒にも責任をとらせる】(2021-11-22 09:15:57)




よく、高校野球の部員同士で、いじめ、喫煙、盗難、暴力などの不祥事がある。そして、その処分は、問題を起こした部員だけではなく、チーム、指導者にも下される。次の大会出場停止、指導者の謹慎など。これはおかしい。問題を起こした部員だけを処分するべきである。また、その部員を記者会見や、メディアの取材に受けさせ、説明や謝罪など、発表させる必要がある。未成年という問題があると思うが。それが責任である。そういうこともしないで、当の本人の部員が処罰されないで、チーム、指導者が処分されれば、当の本人は反省もしないし、他の全国の部員も、本人が処分されないなら、自分もやろうかなど、軽く考える。
また、不祥事

【16、練習時間の長さとチームの強さの関係】(2021-11-22 09:15:46)




果たして、練習時間が長ければ長いほど、チームは強くなるだろうか?

 北海道とか、雪国の県は10月から3月くらいまで、雪でグランドで練習ができない。室内練習場で半年間練習になる。室内練習場だと、グランドに比べて、色々と制限される。明らかに雪国の県の高校のチームの方が不利である。

 それでも、北海道や雪国の県のチームが優勝したり、良いところまで行けるのはなぜだろうか?

 このことは練習をすればするほど、強くなるとは言えないことを示している。改めて、練習時間について考えてもらいたい。あまりに長すぎる練習時間を。

 もちろん、練習時間だけでなく、質、選手の能力など他に色

【15、色々とうるさい②】(2021-11-22 09:15:30)




ミーティングがとにかく長い。よくそこまで話せると思う。よくそこまで話すことがあると思う。長くなれば長くなるほど、何が言いたいかがみえなくなってくる。選手にもわかりにくく、響かない。長いと苦痛になる。

 練習試合後にさんざんな負け方をしたら、永遠と監督、コーチの話がある。選手は試合で疲れているのに。遠征をしていたら、学校に帰ってきてから、話がはじまる。練習後も長い。毎日長い。毎日よくそんなに話せると思う。

 科学的に言えば、練習後など身体を動かした後は、すぐに栄養をとることが大事だ。たんぱく質や糖質など。筋肉、骨、関節などの回復、修復のためにすぐ摂取することが大事だ。練習後か

【14、色々とうるさい①】(2021-11-22 09:15:10)




なぜ高校野球の監督、コーチはうるさいのだろうか?監督かコーチがシートノックを打ってるとき、普通にポンポン打っていれば良いのに、選手がエラーしたり、ミスをすると、一度止めて、怒ったり、色々表面的なことを言ったりする。もちろん、選手がうまくできていなかったら、注意というか、教えてあげなければいけないときはある。だが、それだけ言えば良いものを、感情的になったり、余計なことをグダグダとしゃべる。選手は帽子を取って、「はい」、「はい」と言うが、選手の心には本当には届いていない。練習をやり、指導者が怒り、選手が「はい」と言って、また練習がはじまる。そして、選手がミスして・・・の繰り返しで、機械的と

【13、根性論】(2021-11-22 09:14:51)




日本の高校野球の監督、コーチは「走って走って走りまくれ」「振って振って振りまくれ」「取って取って取りまくれ」が口文句である。全員ではないが。

 確かに量は必要である。しかし、これらのことはあまりに単純で浅はかである。ただ単純にこれらのことを実行したら、怪我で潰れてしまう。また、何も考えずに実行したら、間違ったフォームの癖がつくかもしれない。

 効率的で無駄のない身体の動きで、これらのことを実行するなら良いだろう。ただ、効率的で無駄のない身体の動きができる(自分のフォームの形がある)なら、そんなに量をこなす必要はないが。

 千本ノックは効果があるかどうかが話題になるが、

【12、指導者と選手の壁①】(2021-11-22 09:14:40)




 高校野球の指導者は絶対だ。そして、偉そうに威張りちらしている。
選手との会話はあったものではない。会話があったとしても、選手から声をかけるのではなく、指導者から声をかける。選手と同じ目線にたって、会話はするならいいが、上から目線で会話というか、声をかける。そのような雰囲気では、声をかけられた選手は、萎縮して、縮まって「はい」「はい」しか言わない。指導者の自己満足、優越感を示した、声かけのみである。こういうやりとりをして、選手はさらに萎縮して、絶対、悩み事、相談事、そういう深刻なことじゃなくても、些細なこと、世間話もできない。こんな指導者と選手の雰囲気で、うまくいくとは思えない。教育

【11、自立 】(2021-11-22 09:14:27)




 全てではないと思うが、今の高校野球の指導では、生徒は自立しない。それと、生徒の可能性を発揮させていない。監督、コーチが上から押さえつけの指導、強制的な指導、偉そうな指導、圧迫的な指導、人間を否定したような指導、生徒は絶対に逆らえない状況で、「はい」「はい」しか言えない。

 これでは、ただ監督、コーチの言いなりである。監督、コーチの言うことをすることが素晴らしければ言いが現実は・・・。

 ちょっとでも、監督、コーチの気にくわないことがあったら、すぐに注意、叱責、暴言などがある。そういう雰囲気、環境で生徒は余計なこと、変なこと、自分がしたいこと、をしなくなる。個性がなくなって

【10、高校野球のプレースタイル 】(2021-11-22 09:14:16)




 メジャーリーグのジャンピングスロー、アグレッシブな走塁、奇想天外なプレーなどは、メジャーリーガーしかできない。身体がでかいから、筋肉があるから、肩が強いからなどの理由から、メジャーリーガーしかできない。と、言う人がほとんどだと思う。それは違う。日本の選手でもできる。むしろ、日本の選手がやれば、メジャーリーガーよりうまくできると思う。しかし、今は日本の選手はできない。いや、やらない、やろうとしないだけだ。最近はだんだんとやる選手が増えてきてるが、まだまだだと思う。

 なぜやろうとしないのか?それはやると、監督、コーチが怒るからだ。横着なプレー、適当なプレーなどと思われて、怒る。怒

【9、上下関係】(2021-11-22 09:14:05)




 年上を年下が敬う。これは、日本はもちろん、海外でも当然だ。人生の先輩だ。しかし、高校野球では、過度、やり過ぎである。チームによっては、寮で後輩を手下のように使ったり、洗濯させたり、道具を磨かせたり、ティーボールをあげさせたり、早い時間来て、グランド整備させたり、コンビニに寄ってはいけないなど、まだまだ色々あると思う。あと、先輩が後輩を正座させて、説教をしたり、暴力もあると思う。後輩は野球に集中できるわけがない。また問題なのは、監督、コーチが黙認したり、仕向けていることもある。

 後輩の中にスーパースターがいたり、生まれる可能性があった選手もいる。それらが潰されてしまう。他に、野

【8、練習時間が長すぎる 】(2021-11-22 09:13:55)




 高校野球は練習時間が長すぎる。平日は授業前の朝練、授業後の練習は夜遅くまで、授業がない土日祝日は試合がない日は、朝早くから、お昼ご飯をはさんで、夕方遅くまで。このような1週間が続く。また、前にも書いたが、休みが1週間で1日もない時もある。これでは、選手は疲れきってしまう。怪我の原因にもなる。モチベーションも低くなる。寝る暇もないし、勉強する暇もない、自分の時間もない。

 練習が必要ないとか(自分の形ができればあまり必要ないが)、短くしろとか言っているわけではない。全体練習が長すぎるのである。全体練習は最低限度にして、あとは個人練習にするべきである。長い全体練習ばかりでは、やらさ

【6、高校野球のあいさつ】(2021-11-22 09:13:44)




 高校野球の部員達が、練習前の準備のため、グランドでグランド整備をしています。そのとき、監督、コーチがグランドに入ってきました。そうすると、キャプテンが「気をつけ」とみんなに号令します。そうすると、部員のみんなは帽子を取って気をつけをします。キャプテンが「こんにちは」と号令をかけると、そのあとに、部員も「こんにちは」といいます。監督、コーチだけではなく、偉い人やお客さんが来たときもこのようにします。また、部員同士でも、先輩に対してはこのようにするところもあります。
 この風景みなさんはどう思いますか?礼儀正しく、きっちりしていて素晴らしいと思いますか?

 部員一人ひとり、心が

【5、声出し 】(2021-11-22 09:13:29)




バッティング練習で守っている選手、試合中にベンチにいる選手、試合中守っている選手が「さーこーい」「さーいこーぜー」「さーいきましょー」など声をかけているのをよく見ると思います。そして、声がなくなって、静かになってくると、監督、コーチ、先輩から、「声出せよ」「声出てないぞ」など言われて、またみんなで「さーこーい」と声出して、しばらくするとまた静かになって、監督、コーチ、先輩から・・・この繰り返しを見たり、経験したことがあると思います。この声って必要あると思いますか?

 選手一人ひとりが自主的に心から思って、「さーこーい」とか声を出すのなら良いですが、明らかに前に述べたことは言わされ

【4、指導者の怒り 】(2021-11-22 09:13:02)




 高校野球の監督、コーチはミスをしたらすぐに怒ったり、指摘するような感じがします。そして、選手は言われたことに対して、「はい」「はい」「はい」しか言いません。また他の選手がミスしたら怒ったり、指摘して・・・の繰り返しです。
 
 もっと寛容にみてもいいのではないかと思います。でないと、選手はエラーしないように、ミスしないように、エラー、ミスすると怒られると思い、萎縮して消極的なプレーばかりになります。悪循環です。選手にも良くないですし、チームにもよくありません。

 アメリカの選手は伸び伸びとプレーをして、想像もつかないプレーをたくさんします。日本の選手はエラーを怖がったり、

【3、練習の休日】(2021-11-22 09:12:42)




高校野球は練習のしすぎである。選手が自主的にやりたくて、しているなら良いが、選手たちからは、休みがない、休みがほしいという声がある。週一日休みがあれば良いほうで、ないところもあるし、練習試合で、ミスで負けたりしたら、休日返上で練習になる。練習試合で、負けた日に、学校に帰って、夜遅くまで練習になることもある。監督、コーの怒り、選手たちのやらされている感と恐怖とともに。

選手たちは雨が降ることを常に期待してる。好きで、したくてしている野球なのに不思議なことである。
また、学校のない、土日祝日になったら、朝9時から始めて昼休みをはさんで、夕方5時まで練習をする。選手たちはこんな長い

【2、やる気があるのに、野球部に入りたくない生徒】(2021-11-22 09:12:30)




高校野球は何で独特な雰囲気を持っているのでしょうか?

坊主頭。きっちりしたみんな揃ってのあいさつ。監督絶対主義。監督・コーチの恐怖。先輩後輩の上下関係。先輩絶対主義。野球部専用のバッグなどなど。

上記のようなことがあって(他にも色々あるかと思いますが)、野球部に入りたくても入りたくない生徒がたくさんいると思います。これらの生徒の中には、将来スーパースターになるかもしれない生徒がいるかもしれません。こんなことに耐えれない、嫌だと言っている生徒はそれまでで、スーパースターなんかになる生徒はいないと言う意見もあるかもしれません。

でも、自分はわからないと思いますし、この中に

【1.高校野球の坊主】(2021-11-22 09:03:05)


高校野球の部員って何で坊主何でしょうか?前、どこかの高校ではスポーツ刈りのところもありましたが、何で坊主なんでしょうか?

坊主だから、野球部に入るの諦める人もよく聞きます。それまでのやる気といえばそれまでですが、それで、野球をやるのを諦めざるおえないのは、ちょっと残念です。また、その中には、超一流になる可能性を秘めた人もいるかもしれません。

高校野球を見てると、みんな一緒に見えます。個性が全く見えてきません。みんな髪型が坊主のせいもあるのかもしれません。ちょっと残念です。



みなさんはどう思いますか?



今、少し頭に浮かんだのは、高校野球部員は眉毛をそっ
  • 東京都国分寺市本多2-3-19
  • MAP
  • (野球ソフト教室ネットを見たとお伝えください)

  • カレンダー

    前月

    <

    今月

    >

    翌月

    2021年12月
       1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  


    □:開校日 :臨時開校日 :休校日 :臨時休校日

    SNS



    What's New

    42、一番訴えたいこと



    一番訴えたいことは、指導者が絶対的、独裁的になってて、選手は「はい」「はい」しか言うことができない状況を変えたいということである。指導者と選手にはかなりの距離、壁がある。選手の機械化、同一化、奴隷化を変えたい。指導者の職権乱用の指導に疑問を投げかけたい。

     指導者があれやれこれやれ、あれだめこれだめなど、指導者から選手の強制ではなく、選手一人一人の自立、選手一人一人が創意工夫して、選手が率先して動く環境を望む。

     「バカヤロー」「声だせ」などの罵声、選手が萎縮したような雰囲気とは無縁な環境を望む。選手が目を輝かせ、一人一人の個性を十分にグランドで発揮して、活き活きとプレーし

    QRコード

    @ 2019 cornerin